『2PIANO4HANDS』初出演!

 グランドピアノ2台を向かい合わせにして行われるツインピアノライブ。個人的にいつかやってみたいという気持ちはあったものの、ステージ上でグランドピアノを2台用意するという事自体がハードルが高く、これまでなかなか実現してきませんでした。そんな時、青山にある月見ル君想フからの『2PIANO4HANDS』への出演依頼…。即OKし、そして共演者もピアニストの木村イオリ君という、この上ない組み合わせが実現しました。イオリ君とは偶然にも、この時の約1ヶ月前に連弾やツインピアノ(ただし非常に遠い距離感…笑)共演が実現していましたが〔GINZA SIX にて『Flower × Piano』参照〕、このようにワンマンという形でライブを行うのは勿論初めてで、とても楽しみに臨んだ1日となりました。

 この『2PIANO4HANDS』のイベント自体は複数のピアニストにより既に数日間行われていて、自分達はそのイベントの最終日を担ってもいましたが、その日の本番前にはお店にてピアニストの集いのような時間も設けられていて、2台のピアノを前に、ピアニスト同士の交流会も開かれていました。普段こういった集まりはなかなかないので、成程、とても貴重な時間だとは思いましたが、当然、皆、既に『2PIANO4HANDS』のステージを終えている人ばかり…。リラックスしているメンバー達の中、どこかまだ落ち着かない自分達もいたものです。しかも、そのメンバー達のいる中でのリハーサル…(笑)。沢山のピアニスト達が見ている中での音出しは変な緊張感がありました。



 緊急事態宣言渦中でもあったので、ステージ時間は当初より短く、30〜40分×2ステージという構成で臨みました。セッション的な要素も大きかったので、この時間ではどうしても短過ぎると思ってしまいましたが、同時配信も行う予定になっていたので、事前に決められる所は決め、ダラダラしないようにする進めていけるようにはしておきました。

 それでも、いざ音を出し始めると、この楽しい時間を早く終わらせてなるものか…という気持ちも芽生えてきてしまいます(笑)。…というのは、やはり音環境が良かったという事もありますが、ピアノとピアノとの掛け合いがこんなにも可能性があって、世界観を広げられるという事に改めて気付いてしまったからでしょうか。“即興の要素が強い”とは言いましたが、どこか頭の中では展開のシミュレーションを立てていくものです。しかし、自分が音を出したその次の瞬間には違う音が返ってきて、自分はすぐにそれに呼応するかのように返してしまいたくなるので、良い意味で予想通りというわけにはいかない場合が殆どでした。こうなったら予想範囲内の展開に修正させるより、どうなるか分からないけど先に進んでしまえ!という考えに転換した方がスリリングで面白くなるではありませんか。



 これがジャズの曲ならまだしも、ポップスやお互いのオリジナル曲でもそうなるのですから楽しいです。それまでバンドサウンド等で成立してきた楽曲が、お互いのピアノのみの音色で、半ば即興的に新たな世界観を作り上げる…。これがツインピアノの醍醐味だと思いましたし、多くのピアニストが挑戦してみたくなるのも納得でした。



 前回の GINZA SIX では、それこそカバー曲しか一緒に出来ませんでしたが、今回の1つの目的としてお互いのオリジナル曲をやるというものがあり、自分は TRI4TH の楽曲の中から“Everybody Knows That”を、イオリ君は bohemianvoodoo から“Nomad”をセレクトして披露させました。また、イオリ君の提案で TRI4TH の“Freeway”も演奏したのですが、こちらはもはやピアニストの速弾き登竜門的な曲になっていて面白かったです(笑)。この曲も含めて、やはりオリジナル曲を演奏するというのは曲に更なる進化が見られて、内容的にもとてもやり甲斐のあるものになったのではないかと思います。機会がある毎に更新していきたい挑戦の1つになりそうです。


 盛り上がって終了した『2PIANO4HANDS』ライブ。ステージの最後にはまたこのデュオでのライブが実現する事をお知らせさせて頂きました。しかもこの1ヶ月後の6月での実現です。場所は、複数のグランドピアノが常駐してある大塚 GRECO。勿論、普段は1台しかステージ上に置いていないのですが、やはり2台ピアノのイベントが行われていて、自分達も出演の機会を頂いたのでした(後に GRECO での追加公演も決定となります)。結果的ではあるものの、短い期間で自分とイオリ君とのツインピアノライブが何度も行われる事になったのはとても喜ばしい事であり、また色々な挑戦をもってライブに臨みたいと思ったものです。今回はこのような機会を頂き、どうもありがとうございました!



 終演後の写真です。やっとリラックスした表情になってきている気がします(笑)。


☆青山月見ル君想フのHP…https://www.moonromantic.com


☆木村イオリ君のHP…http://iorikimura.com

79回の閲覧

最新記事

すべて表示