CASIO 電子楽器40周年記念コメント

 鍵盤楽器メーカーとしてお馴染みの CASIO 電子楽器が、今年で40周年を迎える事になりました。現在、特設サイトがオープンされていますが、個人的にも縁があり、この度お祝いのコメントもさせて頂いております。良かったらご覧下さいませ。


             https://web.casio.jp/emi/40th/



 自分と CASIO との出会いは、おそらく学生時代の頃から頻繁にあったとは思いますが、本格的に意識し出した?のは、今回のコメントにもあるように、電子ピアノ CELVIANO の試奏レビューをさせて頂いた時だと思います。


 https://web.casio.jp/emi/sp/piano/impression/musician02.html


 この時は本当にビックリしまして、いつの間に CASIO のクオリティはここまで上がっていたのだと思ったと同時に、そもそも元からクオリティはあって、今までは安価な物ばかり弾いていたので、変に誤解を持って捉えてしまっていたという事に気付かされました。


 その後、一緒にお仕事させて貰う機会も何度か頂き、今でも自分にとって最も身近な楽器メーカーの1つとしてお世話になっています。ご家庭で電子ピアノを気軽に楽しみたいと言えば、まず思い付くのが CASIO 電子楽器というのは異論は無いと思いますが、そんな身近な存在であるのに、鍵盤楽器で大事な鍵盤のタッチや音色等のクオリティを常に維持しているのが凄い事だと思います。

 こういった試みは、鍵盤奏者としてもいつも刺激を頂いていてまして、自分はそれに見合うようなプレイを心掛けていく事で、良い関係が築いていけるのではないかと思います。


 …改めまして40周年、本当におめでとうございます。勝手ながら、自分も今年で 40歳を迎える事になりまして、変に同世代という縁を感じていますが(笑)、お互いに刺激を出し合いつつ、またどこかで御一緒出来ればと思います。引き続きどうぞよろしくお願いします!





 ☆CASIO 電子楽器のHP…https://casio.jp/emi/

54回の閲覧

©2020 by 竹内 大輔。Wix.com で作成されました。