自分名義ライブ81回目

 今月11月2日(月)、今年最初となる竹内大輔ピアノトリオのライブを行ってきました。11月という年の後半の時期にも関わらず、今年最初…という言葉を使うのは本意では勿論ありませんが、結果的にそうなってしまいました。…それでも、まずはこういった時期でも開催が出来た事、そして多くの方に足を運んで頂いた事が、何より有り難かった時間にもなりました。場所はトリオでは初出演となる神田 Lydian。新しい披露の場が増えたのも嬉しい事の1つでした。



 個人的にもここで演奏するのはまだ2回目という状況でしたが、初めて出演させて頂いた時にお店の方からお声を掛けて貰って、今回のステージが実現したという感じです。その時はまだ9月ぐらいの話しで、それでもトリオで出演した方が良いのか迷いはありましたが、この日に向けて色々と準備をしてきたという作業は、やはり自分にとっての財産となる時間でもあると改めて感じさせられました。重い腰を上げて…という状況にはなってしまいましたが、本当に実現出来て良かったです。


 11月で今年初…という事は、ライブのタイミング的にも1年振りみたいなものです。そうなると、どのようなステージにしていけば良いのか考えてしまうのですが、素直に、トリオのメンバーと一緒に音を出してみたい曲…という観点からセットリストを考えてみました。トリオでお馴染みの曲は勿論ですが、こういう曲をやったら即興的な部分で楽しめるとか、こういう曲をやったらこのメンバーがフィーチャリングされるな…等々、選曲は曲調だけの問題ではなく、ステージの流れをイメージしながら組んでいきます。それらを踏まえて考え出したのが、1ステージ目はわりと構成を決められた曲達を、そして2ステージ目はわりと演奏へのアプローチの自由度が高い曲達で構成されたセットリストでした。こうする事で、それぞれのステージの色彩も異ならせつつ、2ステージ目には爆発力も増えた演奏の攻防が期待出来るかもしれません(笑)。また、1ステージ目では、とにかくトリオで音を出すのが久し振りでもあったので、トリオ演奏でのそれぞれの感触を探り合うという側面も含まれていたのかもしれません。



 ステージを進めていくにつれ、とても懐かしい音の感触を楽しむと共に、これがトリオのサウンドだと改めて気付かさせてくれる時が何度もありました。また、ここ神田 Lydian のピアノはよく響き、豊かなサウンドでお店全体を鳴らす事が出来ている感覚もありました。お馴染みの曲も、やはりその時その時で印象を変えてくれます。そして、その音に対する、メンバーそれぞれのアプローチもやはり場所に合うように返してくれるので、全く飽きが来る事がありません。その感覚が最後まで持続出来たのが良かったです。とても楽しいライブになりました。

 新曲…と言いますか、トリオでやるのは初めてだった曲に、以前自粛期間中に5日間連続で作曲した“Diary”シリーズがあります〔日記という名の曲参照〕。これはソロピアノ用に作った曲でしたが、せっかくなので今回のセットリストにも入れてみたく、更に一部は今回の為にトリオアレンジも施し、“Day1”、“Day3”、“Day5”を組み込んでみました。今までは自宅でしたか演奏した事の無かった曲達が、お客さんの目の前で披露される…。作曲冥利に尽きる瞬間でもありました。

 また、2ステージでは譜面は見なくて大丈夫だったので、ピアノの譜面台を倒して演奏していたのですが、そうする事でピアノの弦と自分とを遮っているのものが無くなり、そこからの音がダイレクトに耳に飛び込んでくるようになりました。これはグランドピアノでしたら当たり前の事でもあるのですが、ここのピアノは結構な違いがあり、明らかに譜面台を倒した時の方が音が豊かで良かったです。今後の譜面の見方について考えさせられるぐらいでした(笑)。そんな中で、アンコールではオリジナル曲の“Casa Familia”を演奏しまして、今回足を運べなかった方も多くいらっしゃる事から、1曲フルで YouTube にアップさせて頂いています。どうぞご覧下さい!



 ほぼ1年振りとなったトリオライブ。やって良かった…と思うのは、もう聞き慣れ過ぎている言葉なのかもしれませんが、全曲演奏し終え、お客さんからの温かい拍手を受けると、やはりそう思わざるを得ないのです。そして、作曲やアレンジという、自宅での地道な作業から、こうして晴れの舞台に曲を送り出せるというのは、作曲者としても本当に嬉しい事なのでした。今回の機会を、どうもありがとうございました!…こちらも聞き慣れ過ぎているかもしれませんが、ビールが大変進んだ夜でもありました(笑)。



 お店の方からも、また是非!…との事でしたので、早速年明けではありますが決めさせて頂きました。日にちは2021年1月9日(土)。ゲストにサックスの藤田淳之介君を迎え、久し振りにカルテット編成でやらせて頂きます。こちらも楽しみですね。予約も始まっていますので、Lydian のHPをどうぞチェックして下さい。よろしくお願いします!



●今回のセットリストです!

1st. 1、Diary:Day1(Solo Piano)

    2、Scramble

    3、The Outside Yellow Lamp

    4、Diary:Day3

    5、Talking Bells

    6、Gare de Chasse-sur-Rhône

    7、Diary:Day5

2nd. 1、Close To You

    2、Monks Dream

    3、The Day Of The Black Key

    4、Monte Fiesole

    5、From East


    En、Casa Famili

 ☆神田 Lydian のHP…http://jazzlydian.com

65回の閲覧

©2020 by 竹内 大輔。Wix.com で作成されました。